2019年度演奏会関連情報

[7/5更新]

ファミリアの前身である「高槻北高校吹奏楽部OBOGバンド」が第1回NCを2009年12月に開催してから10年が経ちました。

この間に、OBOGバンドはファミリアへと発展し、(創部40周年記念演奏会を含めて)合計9回の演奏会を開催することができました。

出演者のみなさん、運営に尽力くださるみなさん、応援してくださるみなさんに、心からお礼を申しあげます。

 

第9回、第10回、第11回…と、末永く活動を継続していきたいと考えています。今後ともよろしくお願いします。

 


第9回NC


第9回NCは、2020年(令和2年)1月19日(日)に開催します。

詳しくはこちら→第9回NC詳細情報

 

 

■現役生の参加中止に伴う変更点

OBメールでお知らせしたとおり、第9回には現役生が参加せず、すべてファミリア(=OBOG)のみで演奏します。

これに伴い、変更点があります。

 

・第二部の現役生ステージを取りやめます。

・パートの構成上、今回のメイン曲「イーストコーストの風景」を他の曲に変更します。代替曲は検討中で、近日中に決定します。

・NC本番およびそれまでの練習において、ファミリア自らが打楽器類を確保することが必要になりました(OBOGのみの活動に学校の備品を借用することは難しいと思われるため)。その確保手段や費用については、現在検討中です。

 

ファミリアと現役生は、10年間に渡ってNCで共演してきました。

そのなかで、プロ指揮者の横島勝人さん(4期生)をはじめとする諸先輩がたにもご参加・指導いただくなど得るものも多く、当人たちはもとより、親御さまや歴代の顧問先生にも「貴重な機会」と概ね好意的に受け入れられてきました。

そのため、今回も共演できればと考えていましたが、残念ながら上述のとおりとなった次第です。

OBOGと現役生との共演を楽しみにしておられるOBOGには申し訳ありませんが、どうかご了解ください。

そして、よりいっそう楽しい演奏会にすべく練習していきますので、第9回NCにどうぞご参加ください。

 

なお、上述のとおり、ファミリア自らが打楽器類を確保することを検討中です。

これのために生じる新たな費用については、いつも同様に出費を切り詰めたうえで、過去のNCの繰越金および第9回NCの演奏会費で賄う予定ですが、その他の手段も検討していきます。